実家ではずっと布団だったんですけど、1人暮らしを初めてベッドにしてからは、もうずっとベッドですね。
何と言っても敷きっぱなしで良いのが素敵ですよね(笑)。ずぼらな私にはぴったりです。実家では毎日上げ下げしていたので、それをしなくていいだけでも素晴らしいです。布団も嫌いじゃないんですけどね、1人暮らしで布団だと、絶対「万年布団」になるなと思って。

自分で最初に買ったのは無印良品のベッドです。正確には脚付きマットレスといって、分厚いマットレスに好みの脚をつけてベッド的に使う、というものなんですけど、これは5年ほど使いました。とにかくシンプルで、部屋のインテリアに馴染むんですよね。寝心地ももちろん良かったです。出来ればもっと使っていたかったんですけど、スプリングがダメになってきたというか、寝ぐせに対してくぼみが出来てしまったので買い替えたんですが……実はまたも無印良品(笑)。
好きなんですよね、無印良品のアイテム。全体的に「良い意味で主張がない」ブランドですけど、特に寝具に「主張って要らない」と私は思っていて、出来れば控えめな、もう眠り優先、みたいなのが好きなんです。その点で無印のベッドってすごく良いんです。
二台目は今も使っていて現役で、収納つきのベッド。寝る部分の下が引き出しになっていて、そこにあれこれと収納出来るようになっているんですが、これがとっても便利! まあよくあるタイプのベッドではあるんですが、実用性を優先するとだいたい野暮ったくなってしまうのに、そこはさすが無印良品、デザインも手を抜いていないんですよね。それでいて「デザインし過ぎていない」から、「寝てよし、収納してよし、見たよし」と三拍子揃ったベッドで、本当に気に入っています。これはマットレスタイプではないので、これからも末永く使いたいと思っています。

ベッドって、上記のように「自由度が高い」のもポイントですよね。自分の寝てる下に収納を作るなんて、布団では出来ないことですもんね。「毎日布団を干したい」という人には、折り畳めるベッドだってありますし、そのフレキシブルさが現代人に合ってるなって思うんです。
あとは、ちょっとした時にソファ感覚で使えるのもメリットだと思いますね。仕事から帰ってきてちょっと一休み、読書をするのに、ちょっとだけお昼寝を……と最後のはソファ的じゃなくてモロベッドですね(笑)。でもその緩さ、おおらかさも、布団にはない感覚で、もうベッドなしの生活には戻れないって感じなんです。

返信を残す

必須項目には印がついています*